面接のスタイルを比較

対面

会議室などを使って応募者と採用担当者が向かい合って面接していく方法です。担当者は履歴書などを見ながら、応募者に質問していく形が一般的です。個人面接もあれば集団面接もあります。直接コミュニケーションをとることで、マッチングをしっかりとチェックすることができます。昔からあるオーソドックスなスタイルとなります。

テレビ電話面接

インターネットのテレビ電話を介して面接していきます。カメラ付きのスマートフォンやパソコンがあれば、カメラの視点越しにはなりますが双方がどこにいても自由に顔を見ながらコンタクトをとることが可能です。低コストなため面接の機会を増やせます。また録画ができるサービスもあり、採用担当者のチェックや育成にも利用価値が高いです。

テレビ電話面接をフル活用!欲しい人材をスピーディーに確保しよう

面接

便利なサービス

採用活動では、さまざまな準備や作業が必要になってきます。採用人数や企業の規模によっても変わってきますが、応募から面接、採用、入社までを無事遂行するためには、ある程度の工数が求められコストが発生するのです。採用担当者や企業側の本音としては、できるだけ負担や経費をかけずに優秀な人材を集めたいというところがあるでしょう。しかし、実は既にそんな声に応えるようなサービスが登場しています。テレビ電話面接をシステム化したサービスで、これを活用することによって担当者の作業効率が遥かに向上するといいます。合理的にニーズにマッチする人材確保の可能性を広げることができるでしょう。

男性

応募者のメリット

テレビ電話面接は企業側だけではなく応募者にとっても利点が複数あります。まず面接場所までわざわざ移動しなくてよいため、負担を軽減することができます。とくに応募者が海外に住んでいる場合であれば、交通費だけでも大きな額になりますので、費用の面でもメリットが大きいのです。次に時間の融通がつきやすいということが挙げられます。インターネットを使って面接することになりますので、基本的には双方にとって都合の良い日時を自由に決めることができます。スケジュールを調整しやすい点も魅力となるでしょう。

オフィス

スピード採用が可能

新しいプロジェクトが始動するときなどは、必要な人材をすぐにでも採用したいはずです。従来の募集から採用までの活動を行なっていては時間がかかりすぎてしまい、期限に間に合わない場合もあります。そうした損失を防ぐ意味でも、スピーディーに採用活動ができるテレビ電話面接サービスは優れているといえるでしょう。

[PR]
人事管理システムの情報が知りたい
特長などが確認できる

テレビ電話面接サービス導入の決め手ランキング

面接
no.1

実績が豊富で信頼できる

同じ業界でも話題になっていたり、大手企業などが導入しているようなサービスが信頼性の面から支持されています。

no.2

サポート体制が整っていて安心

電話やチャットなどですぐに相談できる体制があることで、パソコンが苦手な担当者でも安心できると評判です。

no.3

プランが豊富

サービスプランの選択肢があれば、予算などニーズに合ったプランを厳選して利用することができて経済的だといいます。

no.4

機能が充実

面倒な調整や入力業務、分析などが簡単に一元管理できるような機能性に優れたサービスが人気となっています。

no.5

コストパフォーマンスが良い

人件費や交通費をカットできるため、費用対効果が大きいと実感する企業が多いです。試算やシミュレーションをしてから導入すれば安心して始められます。

[PR]
タレントマネジメント機能を利用
人材管理業務の手間を軽減☆

[PR]
テレビ電話面接を導入しよう
採用人事にかける時間を短縮

[PR]
スケジューラーを活用
見やすくてとっても便利

[PR]
大容量ファイルをメールで送るのは大変
新しいシステムを導入しよう

広告募集中